ヒリックスの甘ぃ快感が、より強く鮮明に♫(ゲストブロガーあんずさん)

 

ゲストブロガー:あんず

Twitter:an_pink

 

 

ヒリックスの甘ぃ快感が、より強く鮮明に♫

 

こんにちゎ、あんずちゃんan_pinkです。

 

光栄な事に、アネロスさまからトライデントシリーズのモニター体験をぉ願いされちゃったぁw。

今回ゎトライデントについての初見と、ヒリックス・トライデントぉ中心にレポートするね。

 

ヒリックスってゆぅと、初心者向けでいて結構強めのアタックってコメントが多ぃんだけど、あんずちゃんの感想としてゎ、指のはらで前立腺ぉ優しく撫でられてるソフトなイメージ。

 

ユーホーやマキシマス、MGXなんかと比較しても、一番細身になってる部分から、ヘッドまでのサイズも、一番短いんだよねー。

 

でもぉ、あのデコボコした形状がぁ、前後運動して前立腺にピッタリとヒットすると、強い快感が得られるのも特徴よね。

 

そんな形状、太さ、長さなんかが、初心者に人気なのかも♫

 

で、トライデント。

トライデントシリーズゎ今までのクルっとした後脚ぉ廃止して、Kタブ(後脚)ぉ採用してて、前後だけでなく全方位的に前立腺ぉ刺激する「多軸動構造」との事。

 

 

つまりアネロスがどの方向に動いたりセンターズレしても、元の位置に戻って、センターぉキープできる印象なの。

 

このKタブゎ、尾骶骨・仙骨の窪みにフィットしてて、後ろ側からアネロスぉしっかり支えてて、アネロスぉ元の位置に戻す役目をしてるのが特徴。

 

比較的新しぃ世代のプロガスムシリーズやヴァイスシリーズで導入されてて、センターズレがほとんど発生することがなくてぇ、ホントに他のシリーズにもKタブぉ導入して欲しかったの。長年w。

 

それが、今ココにあるってわけねんw。やほ♫

 

恐らくぅ、このシリーズの登場によるインパクトゎ、以前に針金シリーズが廃番になった時のような、アネロスのラインナップにも大きく影響すると思うよん。

 

とにかく今まで、会陰付近の尿道海綿体が硬くなったりぁるいゎ太くなるなどの原因で、アバットメント(前脚)のセンターズレに四苦八苦してた多くのユーザーにゎ朗報よね。

 

ドライマスターゎもちろんだけど、前立腺のセンターなんかわからなぃ!って初心者にも、アネロスによる形状的にセンターぉ捉える「多軸動構造」の導入によって、間違った位置で苦労する事も劇的になくなると思うゎ。

 

これゎもしかするとぉドライオーガズム開眼者も、大幅に増える可能性も秘めてるよねん。

 

「Kタブ」って高評価の割に、他の前立腺マッサージ(似非エネマグラ)メーカーにゎなぃよね。

 

おそらく、このKタブの位置ぉ決めるのって、結構難しぃんだと思う(実ゎあんずちゃんも挑戦して見たけど、いまいち、ってか全然だったw)。この完成度とフィット感、高価な素材ぉ使用してて、柔軟性とほどよぃバネ感だけど固く強ぃ。高品質なアネロスブランドの特徴よね。

 

あのパッケージも、PCメーカーのAppleの高級感ぉ彷彿しちゃぅんだよねw。

 

 

ヒリックス・トライデントは、ヒリックスクラシックと比較すると、Kタブのおかげで仙骨・尾骶骨の窪みにしっかりホールドされてて、アバットメント(前脚)と干渉しちゃぅ会陰部の尿道海綿体に影響されてクルクル左右に回転したり、横にずれて固定されたりせずに、ヒリックス全体がピタっと吸い付くようにセンターにフィットされるのが特徴。

 

挿入後にセンターぉ確認・修正する必要もなぃの。

 

フェイスハガー(例ぇが悪くてごめんねw)みたぃなSFっぽぃ感じで、ちょっとやそっと躰ぉ動かしても、ヘッドがピッタリ前立腺ぉ捉ぇてるのがわかるの。

 

挿入するとピッタリフィットしちゃって、「ひゃっ」ってなっちゃぅ。

 

だから、オーガズムも途切れる事なく持続しやすくなってるのが実感できるゎ。

 

 

ヒリックスのコブも、前後運動が正確にヒットしてくれちゃぅ。

 

まさにヒリックスのデザインの特性ぉ、強く鮮明に感じられるの。

 

トライデントシリーズぉ使用すると、このアネロスの形状ゎこんな快感ぉ味わえる様にデザインされてたんだ、って強くそれぞれの個性ぉ感じ取れるゎ。

 

指の腹で刺激してる感じの、スルっと抜けるよぅな優しく甘い刺激と、大胆なデコボコした形状も、センター位置でしっかりホールドされてて、前後運動する事で強く堪能できる感じ、次第に肛門括約筋が勝手に激しく前後運動しちゃってくるの。

 

それでぃて腰ぉ動かしたりすると横方向にも作用して新鮮な刺激も味わぇる。

 

多軸動構造によって、元来のヒリックス設計コンセプトの持つ、ジェットコースター的刺激ぉ、しっかりと明確に前立腺にフィードバックしてくれてるの。

 

電マぉヒリックストライデントに軽く、またゎ激しく充てがっても、しっかりと前立腺の中心にヒットする感覚ゎトライデントシリーズのなせる技かにゃ。

 

クラッシックとサイズ比較すると、今回発売のトライデントゎ、太さが1~2mmほど細く、長さもちょっと短めになってるの。僅かだけどクラッシックから改良がなされてるみたい。ヒリックスの場合、使用感もより初心者向けになってるイメージが鮮明になってるかもだね。

 

トライデントシリーズゎ、アバットメント(前脚)とKタブ(後脚)の丸ぃ先端部分も、今までのような固いフォルムでゎなくて、優しいフィット感ぉ出すための緩やかなカーブになってるの。今まで自分でパテなどで成形する必要もなくなるかも、ってか、パテで作りたかったのゎ、こんな形状だったの!って声も出そうなほどのクオリティ。

 

アバットメント(前脚)の強ぃ食い込みだった点も、Kタブ(後脚)の導入で軽くなってるゎ。これもまさに「多軸動構造」のぉかげだね。

 

そして全体的にゎ、細かなバリなどの表面加工漏れもなく、ローションのノリにも効果的な感じのやさしいマットな肌触り。この辺ゎ、シンシリーズのいいとこ取りした感じなのかにゃ。

 

ただ、今までのクルっと丸くなってる後脚特有の、床に擦り付けて、腰で前後させたり回転させるって感じの動きはできなくなちゃったのよねぇ。

 

あれが前立腺ぉ突き刺すイメージだったんだけどね。

 

先にもゆったけどぉ、「多軸動構造」によってぇ全体の形状が落ち着いたのか、前脚への過剰な負担が軽減されてるからぁ、あんずちゃんがヴァイスで実践してるんだけど、、、今まで流行ってた後脚カットぢゃなく、前脚カットが流行るかも?

 

っても細やかなデザイン設計がなされてるトライデントシリーズ、しばらくゎ無改造で楽しもぅね❤