前立腺マッサージとは

近年、メスイキ、M性感、ドライオーガズムなどで前立腺マッサージが話題になってきています。多くの方はこの前立腺マッサージが快楽のためと思われているようですが、実は前立腺マッサージという行為はもともとれっきとした医療行為。前立腺や下半身の諸症状を抱えている方に医師が行う触診であり、前立腺に溜まった老廃物を絞り出す行為なのです。本来、この老廃物は尿と一緒に排泄されますが、年齢と共に前立腺に溜まり、排泄しないと前立腺肥大症等の前立腺諸症状の原因になります。

前立腺の異常と正常サイズ

前立腺の諸症状には特効薬がないため、前立腺マッサージは効果的な手段です。医師は肛門より指を挿入し、前立腺をゆっくりとマッサージし、前立腺に溜まった老廃物を絞り出します。前立腺マッサージを行うことによって多くの下半身の悩みが改善され、前立腺の諸症状を防ぎます。なお、前立腺は体内の老廃物のフィルターとして機能しているだけではなく、男性の性のコントロールセンターと言われており、性感帯の中心でもあります。したがって前立腺マッサージを行うと蠕動運動が誘発され、射精の無い良性の快感『ドライオーガズム』が発生します。

現在、前立腺マッサージを受けようとする場合は快楽目的で風俗店に行く方がほとんどです。しかし、本来の前立腺マッサージは快楽目的ではなく、慢性前立腺肥大症や炎症の治療法として泌尿器科医が一般的に行う行為です。セルフでも前立腺マッサージを行うことができると思いますが、肛門より人差し指を第二関節あたりまで挿入し、前立腺前壁にある前立腺をマッサージするには、体勢が困難となり効果的にマッサージすることは非常に難しいです。

泌尿器科医の触診検査

このようなことから、1960年米国のジロー・タカシマ博士により開発が始まり、30年以上の研究の結果、1996年に世界で初めて、家庭で、ひとりで、外部から一切力を加えない、安心安全な前立腺マッサージ器アネロスが誕生しました。1996年までは前立腺マッサージ器そのものがなかったため、発売当初多くのユーザーが殺到しました。初代のラインナップは6種類でしたが、現在は20数種類のアネロスシリーズが生まれました。現在のアネロス社は、大きなモデルチェンジや新しいモデルは少ないですが基本コンセプトを大事に、フルモデルチェンジはしませんが数多くのマイナーチェンジを行い、他社では真似のできない世界最高の本物を作るメーカーです。

アネロスの商品一覧 >>

米国在住日本人、ジロー・タカシマ博士が開発した前立腺マッサージ器アネロスは、下半身の自然な筋肉運動を利用し、外部から一切の力を加えず、安全な前立腺マッサージができるものです。このアネロスは当初Prostater(英語で前立腺の「Prostate」の由来)という名前が付けられ、1996年に本格的に世界初の前立腺マッサージ器(当時Prostater)として米国で発売されました。そして米国の大好評を受け、1999年に日本に上陸しました。

医療用に開発されたアネロスは外部からの力を一切加えず、下半身の筋肉運動でコントロールするため、非常に繊細な直腸や前立腺に負担をかけないで安全な前立腺マッサージができます。そしてアネロスの頭部は的確に前立腺を刺激して、効率よく溜まった老廃物を絞り出します。世界で初めて、セルフでかつハンズフリーで安全にマッサージを得られる器具アネロスの誕生により、世の男性の前立腺の諸症状は改善され、ドライオーガズムという新たな良性の快楽が発見されて性の健康をも維持できるようになりました。

アネロス商品の初100%医療用プラスチックモデル「PS-NEW」

なぜアネロスだけが安全かつ有効な前立腺マッサージを提供するか。それは前立腺に対して外部からの力をかけずに蠕動運動を誘発し、本体が適切に動きマッサージできるからです。蠕動運動は体内で自然に起こる不随意筋の動きです。食道が意識しなくても食べた食物をちゃんと胃に運んだり、ペニスから射精を吐き出したりする動き等が蠕動運動です。前立腺マッサージによりペニスに触れずに起こるオーガズムに射精はありませんから、ドライオーガズムと呼ばれています。

アネロスの発明により下半身の蠕動運動を呼び起こし、アネロスはその蠕動運動によって有効な前立腺マッサージを得る事ができます。実際に動き出す筋肉は不随意筋のため、意識して動かすことはできません。まずは肛門に挿入されたアネロスの本体を随意筋を利用して動かし、不随意筋の蠕動運動を誘発させます。

最初は随意筋であるPC筋と肛門を締める外肛門括約筋で、アネロス本体を動かします。PC筋は8字筋とも呼ばれ、ペニスと肛門を8の字に囲む筋肉です。PC筋は下半身において重要な筋肉で、尿漏れから勃起力、持続時間にまで影響を及ぼす器官なのです。この筋肉を鍛えれば鍛えるほど下半身の悩みは改善され、健康にも非常にいい状態が保たれます。外肛門括約筋は肛門の入り口付近にある下腹部の臓器を押さえ、便を切ったりする輪の筋肉です。外肛門括約筋は下半身の臓器全体を抑えているため、かなり力があります。

PC筋

アネロスを使用しての前立腺マッサージは外部の力を一切加えないため、非常にデリケートな直腸に傷をつけることがありません。安全な前立腺マッサージを得るため、手でアネロスを動かすようなピストン運動は厳禁です。

アネロスの使い方 >>

もともと医療行為であるため、正しい前立腺マッサージをすれば害は全くありません。その一方メリットは非常に多いです。最近、日本でも前立腺の問題を抱えている方が急増しています(Wikipediaより)。前立腺に溜まる老廃物には菌が多く、慢性前立腺炎や肥大症の原因になります。前立腺マッサージで老廃物を排泄することにより、健康的な前立腺を確保することができ、リスクが低くなります。前立腺が肥大すると前立腺の真ん中を串刺しのように通っている尿道が圧迫され、尿の出が悪くなったり、頻尿になったりします。本来の前立腺はクルミくらいのサイズですがトマト以上に肥大することがあり、老廃物を絞り出さないとさまざまな前立腺の諸症状を引き起こします。

泌尿器科医、清田先生のお墨付き >>

アネロスによる前立腺マッサージを行う事で、PC筋と肛門括約筋が鍛えられ、下半身の血流がよくなります。また下半身の筋肉が鍛えられ、ペニスに関わるPC筋が強くなり勃起力が向上し、持続時間がアップします。肛門括約筋やPC筋は排泄に関わるため、失禁や尿漏れも改善されます。前立腺が肥大し、血流が悪くなるとEDの原因にもなるので、前立腺マッサージの効果としてこのEDも改善されます

健康面だけでなく、アネロスで前立腺を刺激することにより性のコントロールセンターであるGエリア全体が刺激されますので射精を伴わないオーガズムが発生します。このオーガズムはペニスに触れないため射精が無く、不応期を及ぼさずマルチプルオーガズムが可能で、通常のオーガズムの何十倍、何百倍ものもので未知の快感、ドライオーガズムと呼ばれています