PC筋トレーニング

PC筋とは恥骨から仙骨を結ぶ随意筋で、恥骨尾骨筋ともいわれています。形としてはペニスと肛門を囲む8の字になっており、尿を切る時などに使う筋肉で尿を切るだけではなく、勃起や射精にもこの筋肉を利用します。女性の場合、出産時にこの筋肉はたいへん活用されます。

PC筋の状態は前立腺の健康と強く関係します。前立腺は臓器でありながら筋肉のような役割もあり、射精時にポンプように働きます。また、前立腺は男性に欠かせないテストステロンを調整し、下半身の老廃物フィルターにもなっています。PC筋と前立腺をきちんとケアしないと機能が乱れる可能性があります。

PC筋と前立腺は他の筋肉や臓器と同様、トレーニングしないと衰えていきます。衰えると前立腺の機能が低下しフィルターの役割に支障が生じ、老廃物が溜まり肥大症や前立腺炎になりやすくなります。そこで、アネロスの使用によるPC筋トレーニングは、前立腺の老廃物を絞り出す機能に欠かせない健康行為です。

アネロスによる前立腺マッサージを行う場合、不随意筋と随意筋の筋肉の動きを併用します。随意筋は自己意識下で動かすことができる筋肉で、上腕二頭筋や大腿四頭筋のように意識してすぐに動かす事ができる筋肉が随意筋です。また、不随意筋は自己意識下で動かすことができない筋肉で、食べ物を運ぶ消化管や血管や膀胱などの筋肉が不随意筋です。

アネロスで前立腺マッサージを行う際、最大効果は本体が誘発された蠕動運動の波に乗って前立腺を中心としたGエリアを自身の筋肉の動きだけで刺激することにあります。ただし、不随意筋の蠕動運動を誘発するのには、最初に随意筋の運動を借りる必要があります。自己意識下で動かせる随意筋のPC筋と肛門括約筋の力を使うのです。普段、あまり動かさない筋肉であるため運動のやり方がわからない方が多いですが、尿を切るときの筋肉がPC筋であるため、会陰部に手を置いて尿を切るように筋肉を収縮すると肛門の周りから繋がっている筋肉が動きます。これがPC筋です。

随意筋と不随意筋の収縮に合わせて、アネロスの本体が直腸内の全壁と会陰部より前立腺をマッサージします。前立腺を外部と内部から交互にマッサージするため、前立腺に溜まった老廃物が効果的に絞り出されます。そしてPC筋の運動を併用するため、筋肉のトレーニングにもなります。

アネロスはマッサージ器具でありながら、PC筋の運動に必要なトレーニングアイテムです。

ペニスと肛門を囲むPC筋は前立腺マッサージやドライオーガズムに活躍するだけでなく、下半身のすべての機能をサポートします。意識しないと鍛えられない筋肉のため衰えていることに気づかない方が多いですが、簡単なトレーニングによって様々な下半身の諸症状が改善されます。今が話題になっている『膣トレ』は女性のPC筋トレーニングです。そもそもPC筋トレーニングとは女性の骨盤底筋をトレーニングすることであり、『ケーゲル体操』と呼ばれ、産婦人科のアーノルド・ケーゲル先生によって開発された運動です。

出産を経験した多くの女性は膣トレというPC筋トレーニングを知っていますが、男性にはほとんど知られていません。通常では鍛えられない筋肉のため、ほとんどの男性のPC筋はある程度の年齢を越えると衰えています。アネロスの前立腺マッサージによってアネロス本体がダンベル的なトレーニング器具になり、PC筋が鍛えられます。

運動とマッサージによってその箇所の血流をよくするため、PC筋トレーニングによって下半身の血流がよくなります。血流と直接関係する勃起力がこのトレーニングで強化されます。さらに勃起する際、PC筋が勃起したペニスを上に引っ張っているため、PC筋が鍛えられていれば、勃起時の状態が非常によくなります。また、血流が良くなることによってEDの方にも良い効果がみられています。

尿を切る筋肉がPC筋ですから、トレーニングすることによって失禁が改善されます。また、この筋肉は尿をコントロールするだけではなく、射精時に活躍します。精巣の精子と前立腺の精液が混ざって、PC筋の蠕動運動によって射精が起こります。アネロスによって強くなったPC筋は射精時により強い運動を起こし、さらに強烈な射精の快楽を呼びお越します。そして射精をよりコントロールでき、持続時間が長くなり、場合によって早漏も改善されます。その他、多くの下半身の悩みが改善されます。

昭和30年代ごろ、ほとんどの日本人男性の前立腺は萎縮していました。しかし食生活の変化などにより、現在の日本人男性は80パーセント (%) が80歳までに前立腺肥大症を呈し、罹患率は加齢に比例増加して50歳代で急速に増加します。組織学的な前立腺肥大は30歳頃から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%になります。(Wikipediaより)

このように前立腺トラブルは急増していますが、特効薬がありません。そんな中、PC筋を鍛える前立腺マッサージはPC筋のトレーニングにはもちろん、前立腺の悩みをも改善します。前立腺肥大症の治療として前立腺マッサージは非常に有効な方法です。PC筋トレーニングを併用したアネロスによる前立腺マッサージが、将来の前立腺諸症状を防ぎます。

前立腺炎を大きく分けると2種類あり、感染による急性前立腺炎と慢性的に続く慢性前立腺炎です。急性前立腺炎は抗生物質がありますが、慢性前立腺には抗生物質が効かないため、前立腺をマッサージして前立腺内に溜まっている老廃物を絞り出すしかありません。老廃物を絞り出すことによって膨らんだ前立腺は元の形になり、今後の慢性前立腺炎や慢性前立腺肥大症を防ぎます。

前立腺マッサージについて、多くの泌尿器科医師は週に2~3回のペースで行う事を推奨しています。一回のマッサージは20分~30分が最適で、すぐに効果が出る方もいらっしゃいますが、少し効果が出るまで時間がかかる方も多いようです。アネロスによる前立腺マッサージは自分自身の身体が疲労していない時に行ってください。

前立腺肥大症や前立腺炎の急増に伴い、前立腺がんも急増しています。Wikipediaによると1950年頃、前立腺癌での死亡は男性の癌死全体の0.1%で、患者数にすると1975年には年間2000人でしたが、その後は増え続け、2000年には約2万3000人となりました。2000年度の死亡統計によると、前立腺癌による日本の総死亡者数は7514人であり、人口10万人に対する年齢調整死亡率は8.6で、肺癌・胃癌・肝臓癌・結腸癌・膵臓癌・食道癌・直腸癌に次いで第8位で癌死亡者の約3.5%から4%を占めました。しかし近年急増傾向にあり、2020年には男性では肺癌に次ぐ2位に躍り出ると予測されており、罹患者数は7万8000人から8万人以上になると予想されています。

アネロスによるPC筋のトレーニングで慢性前立腺炎や慢性前立腺肥大症から身体を守り、使用によって自分の身体をよく知り、異常を感じたらすぐに医師と相談しましょう。

痔でもアネロスでのPC筋トレーニングができるかどうか心配する方が多いですが、痔の原因は肛門の筋肉を運動させていないために発生することが多く、デスクワーク等で一日中座っていて下半身の血行が悪くなると起こりやすいです。

軽度の切れ痔・いぼ痔等はアネロスの使用によって、PC筋とつながっている肛門括約筋の運動になり改善することが非常に多いです。アネロスのペリダイス等は、アネロス前立腺マッサージ器のユーザーから「使用しているうちに痔が良くなった」との声を聞き、開発を始め完成したものです。アバットメントのないペリダイス、テンポは男女兼用として男性でも、女性でも未知のオーガズムを楽しみながら痔を治療することができます。

アナルを開発するユニセックスモデル >>

性の悩み、下半身の諸症状、痔まで改善するアイテムは世界で唯一アネロスだけです。オーガズムを楽しみながら自分自身をケアしましょう!