スタッフブログ:前立腺のメスイキを簡単に!

前立腺のメスイキを簡単に!
前立腺のメスイキを簡単に!
アネロスジャパンのスタッフが「前立腺のメスイキ攻略法3選」を徹底的に解説します!

アネロスユーザーの皆様、こんにちは!
アネロスジャパンtwitter担当の西川と申します。

普段はtwitterにて前立腺やメスイキ・ドライオーガズムに関するコツや、アネロスのお得な情報などを発信させていただいております。
(知らないよ!という方はぜひtwitterもご覧ください)

挑戦した事のある方なら分かると思いますが、前立腺のメスイキってそう簡単ではありませんよね。

乳首を刺激するチクニーが比較的簡単かつ手軽に行える分、事前準備などに時間がかかるアナニー はどうしてもその分期待値が高くなります。
そして満足のいくメスイキができずに、その落差で「自分には才能が無いんだ……」と諦めてしまう方々。
本当に、今まで悲しくなるほど見てきました。

そこで私は考えたのですよ。
「メスイキにおける障害と解決方法を突き止めれば、少しでもそんな不幸な方々を減らす事が出来るかもしれない」

という訳で、今回は皆様に前立腺のメスイキの障害とその攻略法に焦点を当てて解説していきたいと思います!
ぜひ最後までお付き合いください♪

【前立腺のメスイキ攻略法その1:心身のほぐしは丁寧に】

突然ですが、皆様は ”女性向けAV” というものを見た事はありますでしょうか?
おそらく、大半の方は見た事が無いと思われます。
「え?男性用AVと何か違うの?」という方や、そもそも存在を知らなかった方もいらっしゃるかもしれません。

私はメスイキへの好奇心から、女性向けAVに興味を持ちました。
するとビックリ、男性向けAVと全っっ然違うんですよ!

男性向けAVの場合、大抵女性への前戯はそこそこですぐフェラやペニスの挿入になります。
しかし女性向けAVの場合、めっちゃ長い時間を前戯に費やし、かつ丁寧なんです
乳首一つとってもキスしたり、優しく指でつまんだり、舌で転がしたりとバリエーションが豊富。
もちろん実際には異なる個所を同時刺激したり、男優さんは「ここ気持ちいい?」「痛くない?」などと確認を怠りません。

そこでちょっと思い返していただきたいのですが、事前のほぐしやアネロス使用中にここまで丁寧に楽しまれた事はありますでしょうか?
この質問に自信をもってYesと答える事ができる方は、そう多くは無いでしょう。

身体のほぐしの重要性。
メスイキは基本脱力で起こりますが、それは直腸内の蠕動運動とアネロスがリンクした時に前立腺への刺激が発生するため。
しかし身体のほぐしが不十分だと柔軟性が足りないので蠕動運動が弱く、またアネロスと上手くリンクしません
これが身体のほぐしが必要な理由です。

心のほぐしの重要性。
メスイキの特長として ”下半身から脳へ突き抜けるような感覚” がありますが、前立腺への物理的刺激だけでは気持ち良くなることはできても、メスイキは難しいです。
なぜなら、脳が気持ち良さを理解して快楽を受け取る事で初めてメスイキできるからです。
脳が快楽を受け取るためには集中が必要であり、集中するためには適度なリラックスが必須!
これが心のほぐしが必要な理由です。

さっさとアネロスを挿入したい気持ちは痛いほどわかるのですが、事前準備もプレイの一環です。
自分の身体をいたわるように、対話するように……丁寧に時間をかけてゆっくりと心も体もほぐしてみてください。

【前立腺のメスイキ攻略法その2:血流を改善して身体を柔軟にしよう】

身体が硬いとアネロスが動かないのは前述の通りですが、一般的に男性の身体は硬いと言われています。

少し思い出してみて欲しいのですが、電車などで男性が座っている場合、女性に比べて股を大きく広げて座っている方が多いと思いませんか?
あれは骨盤が女性より狭いというのはありますが、同時に下半身の筋肉、特に腸腰筋が衰えているせいでもあります。

近年、運動不足やデスクワークの増加で下半身の筋肉が衰えている方は増加傾向にあります。
筋肉は衰えるとまず筋繊維がやせ細り、ポンプの役割が弱くなるので血流が悪化し、神経への血流が阻害されて感覚が麻痺してしまいます

重度の肩こりなどはまさにその最たる例ですが、肩こりをほぐすと感覚が戻ってきますよね?
筋肉の柔軟性を高め、血流を改善する事がいかに重要か、分かっていただけると思います。

また筋肉の柔軟性を高めて血流を改善するのは、感覚麻痺の改善だけでなく感覚が鋭敏になる効果もあります。

私事ですが、以前腰痛改善のために腹横筋・多裂筋・腸腰筋のストレッチと、それらの筋トレとしてスロースクワットの二つを生活に取り入れてみました。

ストレッチと筋トレを続けて数か月も経った頃でしょうか、明らかに身体に変化が出てきました。
私は定期的に整骨院に通わなければならないほど酷い腰痛持ちだったのですが、気が付けば腰痛はキレイに消え失せ、のみならずオーガズムのレベルが爆上がりしたのです!
これは自分自身の身体で体験した事ですので、自信をもって言えます。

アネロスでメスイキするのにPC筋はもちろん必要ですが、筋肉はその他の部位とも繋がっています。
PC筋だけでなく、骨盤・お尻・お腹などを含む下半身全体を柔軟にする事をぜひ意識してみてください!

前立腺マッサージを仕事にされているプロの方々は、口を揃えてスポーツ経験者はメスイキしやすいと言います。
これはおそらく、前立腺でのメスイキ三大必須要素である体力・筋力・集中力が鍛えられているからなのでしょう。

メスイキ出来ずに悩んでいる方、もしくはメスイキのレベルを高めたいと思っている方は、下半身周りを強化して血流を改善しましょう♪

【前立腺のメスイキ攻略法その3:言語化能力を鍛えよう】

男性は女性に比べて、感覚をあまり言語化する事に慣れていません。

「ハッキリ言葉にしてくれないと分からない!」
おそらく、世の女性の方々が男性に対して持つ不満No.1ではないでしょうか。
男性にしてみれば「言わなくても分かるだろ」と言いたくなる事も多いですが、ここで思考停止してはいけません。

男性と女性では、そもそも脳の作りが若干違います。
(右脳と左脳を繋ぐ神経の本数が違うらしいのですが、ここでは省略します)

女性の感覚を理解する事がメスイキへの近道だと思って、感覚を言語化する事を意識してみてください
そうする事によって自分の現在のレベルと、次に必要な事が分かるからです。

というわけで、感覚の言語化の助けになるようレベル別簡易フローチャートを作成してみました。

Q1.まずアネロスを挿入してみてください。
どんな風になっていますか?

×根元まで入っている
→ほぐし不足で引き込み過ぎになっています。
○本体の2/3程度の位置まで入っている
→アネロスが最もよく動き、前立腺を刺激しやすい最適な位置です。

必見!アネロス適正挿入位置
意外と出来ていないアネロス適正挿入位置

Q2.次に直腸内のアネロスを感じてください。
どんな風になっていますか?

×前立腺に当たっているかも分からないほど何も感じない
→前立腺の開発不足です。PC筋でアネロスを動かし、前立腺を刺激して地道に感度を高めてください。
△前立腺に当たっている感覚はあるが特に気持ちよくない
→前立腺の気持ち良いポイントは、最初は針の穴ほど小さいです。開発が進むにつれてポイントが広がっていきます。
○前立腺になんとなく気持ち良さを感じる
→その気持ち良さで蠕動運動が発生するようになってきます。蠕動運動とアネロスがリンクするようになれば、メスイキまであと一歩です!

前立腺でのメスイキは、レベルによって必要とされる要素が変わってきます。
ザックリではありますが、上記のフローチャートをもとに一人でも多くの方がメスイキを達成される事を心より願います!

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
今回は前立腺によるメスイキの難しさの原因と、その解決方法について解説してみました。

前立腺のメスイキ難民あるあるですが、「○○ヵ月挑戦してるけどメスイキ出来ない!」というお悩み。

以下の図を見ていただけると分かりますが、メスイキへの成長曲線は時間をかければその分即反映されるものではありません。
なぜかというと、全く未知の感覚を知覚するのには肉体・精神共に知覚するコツを会得する必要があるからです。
逆に言えば、コツさえつかめば一気にゴールへ駆け昇れます。

そのコツを会得するためには、自分の身体に起こっている感覚の言語化が必須であると私は考えます。

直線ではない!メスイキ成長曲線
進展が遅くても焦らないで!メスイキはじっくり育てるものです

例えば味覚を磨く場合、漠然と食事をする人はいません。

「香りは?」「触感は?」「甘味は?」「辛みは?」と様々な要素を言語化します。
アネロスもそれと同じです。
「どこに当たっている?」「どんな動きをしてる?」「質感は?」などと意識して使用する事で、直腸内の感覚が磨かれていきます。

ぜひ今回の記事を参考に、前立腺のメスイキを目指してください!
天井知らずかつ終わりのないオーガズムこそ、メスイキの醍醐味です♪

もしアネロスやメスイキに関するお悩みなどございましたら、twitterや公式サイトのお問い合わせなどからお気軽に質問なさってください!
世界がもっと性に対して開かれたものになりますよう、我々は努力を惜しみません。