オーガズムに持っていく精度はあがっているけど

オーガズムにもっていけるようになったけど
なんていうのだろう?境界線の向こう側とこっち側っていうのがあって
こっち側が「陰」に入る部分で、向こう側が「陽」に入る部分。

この陰陽の関係が、圧倒的に差ができるほど快感としては激しいけども冷める部分も早い。
失敗ではないけどたぶんエネルギーが出てしまっているのでたぶん良くない状態。

さて、この陰と陽の間の部分、交わりそうで交わらない部分。
ここに身を置くことで快感が一層怖い位にエネルギーの循環が繰り返し起こっている。
永遠に快感が続くので、身体の跳躍的な症状がずっと続いている。神秘的なゾーンと思っている。
気を付けるべきは、陰に触れるとエネルギー放出してしまうのでこれも多少は意識する。

通常の処理をしないと快感は永遠に止まらないので処理をして終わらせる。
寝てから、次の朝、下着を穿いただけでもすぐに刺激が起きて再びオーガズム起動が起こる(笑)
ちょっとした萌え系の映像が流れると逝くことが起こる。いや、、間違いなく逝ってることがある。

ゾーンに入りすぎると次の日こうなる(笑)。
その状況を理解しているけど、疲れるので怠慢になります(笑)。
きっと考えないように通常の軌道修正をかけているのだろうと思いますが。

あんず様もこういう経験ありますか?

書き込み一覧

  • 確かにドライぉたっぷり楽しんだ翌日って、ちょっとした刺激で逝っちゃったり、刺激がなくても軽ぃオーガズムに達したりすることが多かったゎ。でもドライの回数ぉ重ねてゆくと、逝きやすくなることって収まってゆくの。オーガズム状態ぉコントロールできるよぅになるんだと思ぅ。
    ドライに入れるよぅになったら、終了もしっかりできるよぅになることも、社会生活する上で大切よね。
    ちなみにあんずちゃんゎ、射精でゎ終了できなぃゎ。ドライちぅに何度も射精ぉ重ねて楽しんでるから、射精とゎ終了のプロセスとゎ違ぅみたぃ。ゆっくり気ぉ鎮めていって、激しぃオーガズム状態から少しずつ素面に戻ることが大切ね。
    逝きやすくなる状態って今だけの場合もあるから、楽しんぢゃっていこ❤️

コメントするためには、ログイン または ユーザー登録 が必要です。