もうひと押しな気がしてますが、行き詰まっています

ヒリックスシントライデント、プロガズム、MGXトライデントと購入し
現在は主にMGXをメインでドライオーガズムに向けて日々試行錯誤しています。

2日に一度、約1年弱の自主練で、明らかに感じる性感帯が分かってきました。
CT撮って厳密に見たりしたわけじゃないので雑感ですが、手前、中ほど、奥の三種類です。
自分の場合ドライオーガズムに関連すると思われるのは「中ほど」と「奥」だと思われます。
「手前」は肛門周辺の締め付けによる快感で、勃起状態と並行するとトコロテンを誘発します。
これもめちゃくめちゃ気持ちはいいのですが「手前」の快感だけを突き詰めていった事はまだないので
どういうものか実態はまだよく分かっていません。

ドライに話を戻します。
2020年7月21日、オナニーの日にそれは唐突に来ました。
「中ほど」の性感帯をひたすらトントンしていると突然、脳内が弾けるような感覚に襲われました。
おそらくこれが噂の…だと思ったのですが、その日は疲労困憊しておりアネロスを抜いて寝てしまいました。
そこからは感覚を掴んだのもあって ほぐす(30秒)→アネロスを入れて動かす(数分~10分程度)で最短距離で
その手前(頭がビリビリとくるところ)までいけるようになりましたが、別の障壁が立ち塞がってきました。
体が恐怖心からブレーキを掛けるクセがついてしましました。
なんというか気持ち良すぎて本能的に「死の匂い」がします。
みなさんあれ怖くないんですか?

あの日、一度全身に味わった感覚に到達できたのは心身のコンディションがとても悪い日で
極度に意識がぼんやりしており、恐怖心なくトントンが続けられたからだと思われますが
あれ以降はそれが一度もできずにいます。
あの日の体験の再現が突破口になるような気がしていますが…
先輩諸氏のご意見をお聞かせいただければ幸いです。

何か暗礁に乗り上げた感じですが、二度目のまぐれを信じて回数を重ねています。

書き込み一覧

  • 死の恐怖に打ち勝つことが、ドライ達成に必要なの。
    ドライの快感ゎ死ぉもイメージすることがあるの。
    その感覚に慣れて行ってね❤️

  • その後、隆起してきた性感帯にピンポイントで意識を向け続け快感を受け続けることで
    2種類のオーガズムっぽいものに到達しました。

    ひとつめの性感帯は「奥側」で、頭に電気刺激がビンビンくる刺激を捉えつつ極度の脱力状態で身を任せ続けると
    アネロスが自動的に動き出し、快楽→反射→快楽のループが発生して、ある段階から快楽がピークをうちます。
    私は恐らくこの現象をもって女性型のオーガズムに達したのではないかと思いますが、正直なところ正解かは分かりません。
    またこれは大変に体力を消耗します。快楽がピーク時に達した状態で快楽→反射→快楽のループを長時間続けるのは
    発汗を伴い、マラソンしてるようなレベルで、とてもこの状態を何分も維持したりできません。
    また、経験者の方が異口同音に言われる「多幸感」というものはちょっと感じられないです。

    もうひとつは、「中ほど」の性感帯で、奥側の性感帯よりも刺激が強めです。
    続けていくと一瞬だけ射精しそうな予感がして、体感的に射精のないオーガズムと形容するに相応しいイき方をします。
    このオーガズムは射精の瞬間に感じる感覚の一部だけを取り出して時間を引き伸ばしたようなもので
    自分にはとても刺激が強く、怖くて体が逃げてしまい、オーガズムまでいく難易度が高いです。
    これがいわゆる男性型ドライオーガズムなのではないかというのが自己採点ですが、これも正解かは分からないです。
    経験者の方が異口同音に言われる「半勃起でカウパーだらだら」といったような体の反応が見られないので
    正規ルートを通らず変ないき方をしてるような疑念が拭えません。

    現状ではオーガズム到達までの道筋が2つあり
    再現性が高いのは「奥側」の性感帯で快楽→反射→快楽のループを描くものです。
    後者の「中ほど」は喩えるなら、射精直後に竿を刺激し続けたり、亀頭の先端だけを刺激し続けようとする行為が
    多くの男性にとって刺激が強すぎて自分では困難なのと近く、日を分けて2回ほど再現しましたが「難しい」の一語です。
    また、このオーガズムは翌日まで体の興奮を持ち越し、なんだかんだで射精してしまわないとスッキリしません。
    射精時の快楽にまつわる部分の感覚が鋭敏になっているためか、このオーガズムのあと仕切り直して射精すると
    射精時の気持ちよさが違います。このあたりは先輩方の記述どおりだと分かり、微妙に感動しました。

    (※使用したのは主にMGXトライデントです。)

  • 女性型かどうか確信が持てなかったよぅだけど、確実にドライオーガズムに達してるみたぃね。ちょっと思ぅんだけど、女性型とか男性型とか、あまり気にする必要って無ぃと思ぅゎ。それより重要なことゎドライオーガズムに達してるかってことだと思ぅの。
    多幸感の強ぃドライって、翌日凹むんだよねー。だから無理して多幸感ぉ求めなぃほぅが幸せかもね。それでも求めるなら、楽しくて暖まるよぅな記憶ぉドライに重ねて、そっから無心状態に移行すると、多幸感が強めになりやすぃかも。
    「中ほど」の性感帯で逝くドライゎ男性型の典型だと思ぅゎ。疑念ぉ持つことなく楽しんでね。射精させちゃダメよ、射精させなぃ寸前、射精しなぃ程度の刺激ぉ延々と続けてね。亀頭責めとかがオススメよ。
    最後に射精して終ゎるのね、その際ゎ是非ドライに射精ぉ重ねる方法も挑戦してね。それこそ死ぉイメージしちゃぅゎ❤️

  • お返事ありがとうございます。

    その後、同じように挑戦して無事に再現しました。
    予習で色んな体験談やハウツー本を読んだりしましたが、結局は知識に頼りすぎずに感受性に従うのが正解で、
    これを体で分かるのに1年半を要しました。とても勉強になりました。

    全身から頭までブワーっとくる大波に一度達し、波が軽く引いてからさらに続けるとまたブワーっときます。
    これを繰り返していると、さらに感度が上昇して天井が上がっていきますが、さすがに怖くなり4~5回で止めました。
    ただこの先は特に迷いなく開発できそうです。
    それからアネロスを抜いてふと開発を投げ出していた乳首を触ってみたら下腹部の性感帯とリンクしました。
    自分で気付いてなかっただけだったようです。一度に色々な扉が開きすぎて驚きです。
    乳首だけでもドライにいけそうな感触ですが今のところはアネロスで直接刺激した方が連続でいけて満足感があります。

    「中ほど」の性感帯は、イってるけどイってないといった感じで、体が昂ぶって行き場がなく
    射精して強制的に賢者モードにならないとすっきりしないために最後は射精していました。
    派手な射精は翌朝の寝起きが超絶悪くなるので、この先どうするかは考えものだと思っています。
    それから、アネロスを使う時間が作れない時は「甘出し」というオナニーにも挑戦していて
    要約すると射精の律動をキャンセルしてだらだらと精液を出し切ってオーガズムを長続きさせるというものなのですが
    この甘出しオナニー中に亀頭の裏筋部分が実は普段アナルで刺激している性感帯群と繋がっている事にも気付きました。
    亀頭には場所によって射精へ一直線な性感帯と、アナニー時に使う性感に直結する性感帯が混在しているようで
    ここだけをくりくりといじるとアネロスで高まっていくのを擬似的に感じることができます。
    これも今後要開発ですが、ドライに射精を重ねるというご指摘には何か気付きを得た気がします。

    (とりあえず現段階で私の個人的な結論としてはMGXトライデントがオススメです。
    MGXトライデントに買い替えてからはとても早かったです。)

コメントするためには、ログイン または ユーザー登録 が必要です。