ドライ手前まで来た気がします

しばらくぶりの書き込みとなります。
昨日、進展がありましたので報告させていただきます。

昨日は一日心が穏やかで、夜になってもその状態が続いていたため「今日は副交感神経が優位なのかな」と思い、あまり期待せずにユーホーを使用しました。
今回は少し趣向を変えて「焦らない」ことを念頭に置きました。
やはりユーホーで得られる快感はいつもの気持ちよさ。
今日は焦らない。そう決めていたので、感度が落ちたかな?というタイミングで一度抜き、一〇分ほどの休憩を挟みました。
これが良かったのでしょうか。休憩中、前立腺が異様にうずくのです。入れたくてたまらないのを堪え、また心に焦りが生まれそうになるのを抑え、ある程度落ち着いてから、ヒリックスシンを入れました。
すると穏やかな快感がじんじんと、前立腺から伝わってきました。
普段であれば画像や動画などおかずを使用するのですが、このときはそういったものが邪魔に感じられ、快感に身体を委ねます。
個人的なイメージですが、通常のオナニーが脳に快感をぶつけることで高まっていくのであれば、このときは快感に道を譲る感じといえばいいのでしょうか。
が、このやり方にも限界が見え、仕方なくいつものおかずに手を伸ばします。
あからさまではない、水着グラビアのような画像を目に入れたとき、それは訪れました。
前立腺が満を持したように、今まで最大の感度でヒリックッスシンを受け止め始めました。
PC筋、括約筋をどうのこうのという小手先の技など意識も出来ず、自分の中ではご法度としてきた強い締付けも勝手に行う始末。
しかしそれが気持ちいいのです。視界には先のおかず画像は映っていましたが、映っているだけで見ていない。視界はぼやけ、パースが狂いだします。もうどう転んでも気持ちがいい。締めても、緩めても、動いても、いちいち快楽が発生します。
このまま身を預けていれば気絶するようなオーガズムに到達するという確信がありました。ただ、大して期待せずに始めたことで、妻がふすま一枚向こうで眠っている状況です。
気絶や粗相をしようものなら、今後に関わります。そう思い、理性でもって一度中止して、自室に移動しました。

残念ながら昨日のピークはその時きりでした。
ですが、ドライに到達する道筋が見えたように思います。
まず前立腺も内臓器官であるので、休憩が必要ということ。
また、発生した快楽は受け止めず、脳の奥へ通すこと。(ニュアンストークですいません)
そして前提として、自分の体調を見極めること。
この三つを意識して、次回また挑戦してみようと思います。


ここで経験者の方に質問なのですが、過去スレに散見できる
「下半身に生まれるシュワシュワとした感覚」はドライ突入時に必ず発生する生理現象なのでしょうか。
また、アネロス挑戦時に決まってその日の眠りは浅くなるのですが、交感神経が優位になっていると考えます。ドライに突入する場合、最初から最後まで副交感神経が優位なのでしょうか。

長々と書いた上に質問まで重ねて申し訳ありません。

書き込み一覧

  • edited 2017/07/12 21:38
    こんばんは、長くなるので暇つぶし感覚でお読み下さい(笑)


    「手前」どころか、一歩踏み込んだところで引き返しちゃってるような印象ですが・・・^^;
    >脳の奥へ通す (プラーナを頭頂チャクラから放出する?)
    とか、経験者でも気付いてない人も居そうな難解なことまで”感覚的に”把握してる辺り、自己分析&自律制御は相当レベル高そうなんですけど。ドライ未達な方の悩みというより、むしろドライ達成後のスランプみたいにも見えますし。いずれにせよ、何かしらの不安要素が拭い去れないのが原因でしょうかねぇ(所要時間だったり襖の向こうの存在だったり)。時間的&精神的余裕が解決してくれるだろうと思います。

    >シュワシュワ
    感覚的な部分なので万人に当てはまる正解は無いと思いますが、私の場合は「ほわぁん」ですかねぇ(笑)。ドライ突入時よりはるか前、快感が発生し始めるタイミングで起こります。ドライ到達直前には、もう脳内が快楽まみれになってるので、具体的にどの部位で起こってるのか分からないことが多いです(というか考えたことなかったですw)。私の場合、亀頭と乳首だけは最後まではっきりと快感(「ピキューン」って感じ)の発生源を主張してくる気がしてますが、性感帯開発の程度によって変わる「個人差」の部分だろうと思ってます。

    >交感&副交感神経
     オナニー中に気にしたことはないので思い出しながら&調べながら書いてますが(笑)、オーガズムの瞬間は「両者が釣り合った状態」か「副交感側に少し寄った状態」かな?と思います(エクスタシーは交感側に振り切った状態かも?)。落差の大きいオーガズム(硬直→脱力のパターン:私の場合は乳首刺激やコアガズムなど)では、交感優位から急激に副交感優位に遷移してるような印象ですし、ユーホーシンあたりだと少し副交感優位なまま進行して「気が付いたらオーガズム到達してた」ようなパターンもありますし、ジュニアあたりだと交感↔副交感を行ったり来たりして落ち着かない感じの時もあります。迎えるドライの種類によって変わると思いますが、両者の「狭間」にあると考えるのが辻褄が合いそうです(私の場合はw)。
     眠りが浅い根本原因は、ドーパミン&ノルアドレナリン過剰の反作用によるアセチルコリン不足またはセロトニン枯渇(に伴う自律神経の不調)でしょうかねぇ。ちょっと体を疲れさせてやれば(ノルアドレナリン&アドレナリンを消費すれば)眠れるだろうと思います。


    ラジャーさんは多分、アナニー中でも理性が強いんでしょうね。ドライ達成には本能を解放してやればいいだけだと思いますよ(そのために環境を整えるのだろうと)。ではでは~
  • >前立腺小室長様
    コメント有難うざいます。
    いえいえ、自分はまだ練度不足であります。
    奥へ通すという感覚もあくまで自分基準の感覚なので、ご指摘の通りだと嬉しいなあと思いますが……。

    >シュワシュワ
    人によって違うのですね。それが聞けただけでも安心しました。
    自分の場合、どの器官もあまり主張してこない感じです。ただ前立腺の感度が最高潮になると、微細な動きも拾い上げて脳が快楽まみれになります。
    特にヒリックスシンによるシリコンの舐めあげるような感覚は堪りませんw

    >交感&副交感神経
    詳しい説明ありがとうございます。
    このあたりも使う器具によって変わってくるんですね。感度を上げるだけでなく、自転車のように使い方のコツを掴む必要もありそうです。
    ヒリックスシンは付き合いが長いためか、比較的大きな快感を得やすくなってきました。同じ素材のユーホーシンにも興味が出てきています。

    実は昨日、まとまった時間を得れたのでホテルにて励むことにしました。
    そこで分かったのですが、自分は己を開放して大声を上げるより、声を殺して羞恥心を覚える方が興奮できるようですw
    一番大きなオーガズムに突入したときも、「ッ!ッ!」と声にならない声で喘ぎ、可愛らしい声は脳内で作り上げた女性に出してもらっていました。
    どうも自分の男の声を聞くと醒めてしまうようです。
    何が正解というわけでなく、本当に自分なりのやり方があるのだなと思った次第です。
    長文、失礼いたしました。
  • すごぃ進歩したねー。おめでとー。
    初心者の場合、急に前立腺がうずぃちゃう場合って結構ぁるから。
    アナニーする場所を、しっかり作っといた方がいいねw。

    下半身のシュワシュワ?
    アネロス挿入したら、そのままドライ発生しちゃぅから、わかんなーぃw♫
    まぁそんなに気にしなくても大丈夫だよ。

    も少しだと思うから、がんばってね♥
  • >あんず様
    ありがとうございます!
    やはり人それぞれというか、自分の性感、性癖をいかに理解するかなんですかね。
    アネロスは性というフィルターを通しているものの、自分と向き合う時間があるのも面白いですね。

    昨日、テンポにて短い時間ですが女性型ドライの片鱗を味わいました!
    感度いっぱいになっている前立腺とテンポの凹凸がマッチし、切ない快感が溢れて止まりませんでした。
    たぶん時間にして一分ほどですが、明確に「逝ってる、逝かされてる」という自覚を初めてしました。
    これは……癖になりますねw
    長時間のドライ発動を目指して、これからも精進していきたいと思います。
  • edited 2017/06/2 23:03
    こんばんは
    ようやく「自覚」が伴ったようですので、歓迎の意を表しておきます^^。ようこそ「こちら側」へ。

    ラジャーさんはほっといても順調に上達しそうに思うんですが、ついコメントしたい気分になるので(笑)ちょっとした小技を紹介しますと、
    ・力を入れてささやく
    ・鼓膜では聞きとれない声を出す(出してる気分になる)
    とかどうでしょう?。「声帯に負荷をかけるけど、他人に聞こえる声は出さない」感じです(ニュアンストークですw)。慣れないうちは、かえって大声が突然出てしまったりするので、安心できる環境で練習する必要はありますが^^;

    ※追記ジョーク(後から気付いた)
    >コメント有難うざいます
    うざいコメントで申し訳ありません^^;。またやらかすと思いますが笑ってご容赦頂ければ幸いです(笑)


    面白い経験をしたら、またお聞かせ下さいね。ではでは~
  • >前立腺小室長様
    わー、すいません! 「有難うざいます」はタイプミスです! 失礼しました!

    聞こえない囁き、やってみました。
    声帯への負荷なのか、その際の呼吸法なのか、たしかに感度がアップしました。
    ただ、ラジオの周波数を合わせるように色々やってる内、性感を取り逃がしてしまいますね……。
    今後もチャレンジしていきたいです。ありがとうございます。

    面白い経験とは少し違うのですが、昨日はテンポで再発見がありました。
    いつも通り浅い位置で維持し、腸壁と前立腺をステンレスのつるりとした表面が撫で付けていく快感に浸っていました。
    ところがいつの間にか前立腺より奥、精嚢?と言われる位置にテンポの先端ががっつりハマりまして、別種の快楽が発生しました。
    とても切なく、逝きそうで逝けない、ぎりぎり手前で右往左往させられる感じです。それがいつまでも続いていました。
    一本で二度美味しいというか何というか……。今のところ逝くたびに種類の違うオーガズムが発生しています。
    安定しないともいえますが、しばらくこの子と色々やってみようかと思います。

コメントするためには、ログイン または ユーザー登録 が必要です。