前立腺の健康

性の健康について少しの知識があれば大変役に立ちます。前立腺の病気といえば、主に多く発生するのは以下の3つです。

• 前立腺肥大症

• 前立腺炎

• 前立腺癌

もし、あなたが医師の前立腺検査を受けたことがあれば、たぶん気持ちよくなかったのではないでしょうか。医師は快楽目的で検査を行っていないため、あえて快楽を発生しないようにしています。しかし、以前、前立腺癌の検査で不快を感じた事があったとしても、アネロスの使用において不快が発生するということはありません!ご安心ください!

男性の前立腺は年齢とともに生殖能力が必要でなくなるために、萎縮するか肥大するかの二者択一の道を選ぶことになります。昭和30年代(1955年代)ごろまで、ほとんどの日本人男性の前立腺は萎縮の経過をたどっていました。ところが、食生活の向上・欧米化により、現在では80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるといわれています。罹患率は加齢とともに高くなり、50歳代より急速に増加する傾向にあります。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にのぼります。(ウィキペディアより)その諸症状は大変個人差があり、尿切りが悪い、完全に出し切れない等ですが、全く症状を感じない方もいらっしゃいます。

前立腺肥大症の治療として前立腺マッサージは非常に有効な方法ですが、前立腺マッサージ治療を行う場合は必ず事前に医師とよく相談してください。自分自身の手によるマッサージは確かに一つの選択肢ですが、一人ではなかなか難しいのであきらめてしまう方がほとんどです。しかし、アネロスを利用すれば、一人でラクに前立腺の健康を保つことができます。

多くの泌尿器科の医師は週に2~3回のペースでの前立腺マッサージを推奨しています。一回のマッサージは20分~30分が最適で、すぐに効果が出る方もいらっしゃいますが、少し効果が出るまで時間がかかる方も多いです。アネロスによる前立腺マッサージは自分自身の身体が疲労していない時に行ってください。

前立腺炎とは、前立腺が大腸菌、クラミジア、弱毒性細菌などが原因で炎症を起こす状態で、全男性の5割が一生に1度はかかる病気といわれています。(ウィキペディアより)前立腺炎は下記の4つの種類に分類されています。

急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)
急性前立腺炎とは、前立腺が細菌に感染して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事です。主な症状として高熱、下腹部痛、会陰部痛、排尿困難、頻尿、膀胱炎とそれを併発した事による排尿痛、残尿感、筋肉痛、関節痛があります。

慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)
慢性前立腺炎とは、細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事です。この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があり、カテーテルが入っているような、または結石のような異物感があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合とがあります。症状自体は大したことは無く、痛みも無い。微熱程度の発熱(38度以下程度)、前立腺肥大症や慢性膀胱炎のような症状、精液に膿や血液が混じったりして精液が黄色くなるなどが主な症状です。血液中の白血球が増える事はあまりありませんが、抗生物質で完全に治療しなければ、諸症状は何年も続くことがあります。

非細菌性慢性前立腺炎(ひさいきんせいまんせいぜんりつせんえん)
非細菌性慢性前立腺炎は、慢性前立腺炎の症状を長期間認めるも、治療に抵抗する原因菌が特定できない場合に使用される病名で、血行障害や排尿障害の原因と考えられています。原因が不明の場合、すぐに非細菌性慢性前立腺炎と判断されることが多いですが、まだまだ不明なところがあり研究が続けられています。

無症候性炎症性前立腺炎(むしょうこうせいえんしょうせいぜんりつせんえん)
無症候性炎症性前立腺炎とは、原因の全くわからない前立腺炎の事であり、症状も無いため統計的には前立腺炎には分類されないという変な病気です。下半身の痛みが発生したら、是非、泌尿器科の医師と相談してください。前立腺マッサージは前立腺の諸症状に効果がありますが、全ての場合に効果があるものではありません。

近年、前立腺癌患者が増加しています。1950年頃、前立腺癌で亡くなる人は男性の癌死亡全体の0.1%でした。わかりやすく患者数にすると、1975年には年間2000人であった患者数はその後増え続け、2000年には約2万3000人となりました。2000年度の死亡統計によると、前立腺癌による日本の総死亡者数は7514人であり、人口10万人に対する年齢調整死亡率は8.6%で、肺癌・胃癌・肝臓癌・結腸癌・膵臓癌・食道癌・直腸癌に次いで第8位でした。すなわち日本で前立腺癌は癌死亡者の約3.5%から4%を占め、近年急増傾向にあり、2020年には男性では肺癌に次ぐ2位に躍り出ると予測されており、罹患者数は7万8000人から8万人以上、癌死亡者の割合は10%になると予想されています。

前立腺癌は諸症状が少ないため、発見するのはなかなか難しいのですが早めに発見すると治療の成功率が何倍にも増える病気ですので以下の諸症状がある場合注意が必要です。その症状とは以下のものになります。

• 頻尿、残尿感、尿閉等の排尿障害

• 排尿、又は射精の痛み

• 血尿、又は血精液症

• 背中や腰の痛み、足の痺れなど

• 勃起不全症

• 射精する量の減少

初期の前立腺癌はほとんど諸症状がないため、早期発見は泌尿器科の検査のみです。日本では主にPSAという血液検査によるスクリーニングを行います。PSAスクリーニングの有用性は以前種々の意見がありましたが、最近の知見として効果が認められてきました。前立腺癌の治療には手術がありますが勃起不全症、尿失禁等を起こすことがあり、また、そのストレスや経済的な負担等もありますので、治療をせずに癌の進行状況を見守る「待機療法」を選択する方もおります。

前立腺癌を恐れる方は非常に多いですが、自分の身体の状態をよく理解し、医師と相談することにより早期発見でリスクを減少することが可能です。

前立腺マッサージの健康効果についての研究は多くない(もちろん快楽の研究以外)のが現状ですが、これまでの実験では下半身の悩みが改善されたということが多く認められています。研究効果以外にもポジティブな体験談と有効な医師の意見も非常に多いです。

身体のどんなところでもマッサージすると血行がよくなり、細胞に酸素を提供しながら老廃物と二酸化炭素が排除されます。特に前立腺をマッサージすると身体全体が興奮しますので、更に血行がよくなります。

前立腺は何千万という前立腺液を分泌する腺でできています。医師によるとこの腺に老廃物が溜まると、ばい菌が繁殖する恐れがあるそうです。この溜まった老廃物が腎結石等と同様、前立腺の尿路結石を作ります。したがって、老廃物の排除により予防することができるわけです。

この老廃物を排除しないと、ばい菌を守るバイオフィルムができる可能性があり、歯垢と同様、このバイオフィルムは中のばい菌を守り、抗生物質の効果を弱くすることがあります。老廃物の排除でバイオフィルムを崩し、前立腺炎のため服用している抗生物質の効果がよりよくなる場合があります。

前立腺肥大症を抱えている男性が治療に前立腺マッサージを付け加えることによって、下半身の悩みがすぐに解決した方も多数おります。個人差は多いですが、一つの治療法として試してみてはいかがでしょうか。

最後に、自分自身が身体のことをよく理解し、何かの変化を感じたら、すぐにかかりつけの医師と相談することは大事なことです。前立腺刺激の経験があれば、異常があるときすぐに医師と相談することができます。何かの問題があれば早期発見のメリットもあります。

気持ちよくなりながら健康のメリットも多いはアネロスだけです!