愉しみ方は3倍 快感は未知数

1.20体験談1

 

ペンネーム HR18

 

 

 

SGXクラシックからユーホークラシック、プロガスムアイスを経てこのたびヴァイスを購入しました。

 

 

 

バイブレーション機能もさることながらシリコン製のアネロスは初めてなので肌触りにとても興味があったこと、

 

 

ミューズを外せばディヴァイスとして使え、さらにミューズ単体でも楽しめるといったマルチな活躍を期待しての選択です。

 

 

艶消し仕上げのキメがたいへん細かく、ローションを塗るとまるでイルカの体表のような肌ざわりです。

 

 

アネロス最大級モデルなのでプロガスムが無理なく挿れられる方に適しています。

 

 

ソリッドモデルよりも摩擦感があるため、適切なローションとの併用が求められます。

 

 

 

セッションズを馴染ませたら弾かれる前に早めに挿入すること、

 

 

しっかりと息んでアヌスを緩めること、

 

 

これらの点を心掛けることで苦痛を覚えることなく挿れることができました。

 

 

挿れた直後からプロガスムに似た圧迫感を覚えますが素材と形状のおかげで当たりは優しく、アヌスへの負担は取り越し苦労であることに気付きます。

 

 

押し出した時など摩擦時の粘りつくような感触は鳥肌モノです。

 

 

やがてヴァイスに体温が伝わるとアバットメント・K-タブとも柔軟さが増して違和感は薄らぎ、体の一部になったかのような錯覚さえ起こしてしまいます。

 

 

 

一方のミューズは想像以上に重量感があり、スイッチのボタンは固めで誤って押されにくくする工夫がされています。

 

 

ヴァイスへの装着が前提だけにバイブレーションはウェイトを充分効かせた図太さを感じさせるもので、周囲の肉をもブルブルと震わせる迫力があります。

 

 

単体で使用すると重厚感がさらに際立ち、多彩なモードで快感を湧かせる実力を秘めています。

 

 

低・中モードで充分なパワーが感じられますが、それでも物足りない時の強モードは凄まじいの一言に尽きます。

 

 

ミューズを弱モードにセットしたヴァイスを挿入しPC筋や括約筋を動かすと、中でバイブレーションを感じる位置が目まぐるしく変わる様子がわかります。

 

 

ウェーブモードのリズムに合わせてのPC筋ストレッチも楽しいです。

 

 

ミューズを抜いて中が空洞のヴァイスは体温で微妙に柔らかくなるせいか長時間の挿入も気にならず、挿れたままぼんやりと休日を過ごすこともあります。

 

 

 

静と動、さらにミューズ単体でも楽しめるヴァイスはソリッドタイプのアネロスとはまた違った、多彩な歓びをもたらしてくれる逸品です。手に入れて良かったです。

 

 

 


 

HR18さん、貴重な体験談をありがとうございます。

 

 

ヴァイスはVシリーズ(Vはバイブレーション)と呼ばれるものでアネロス初のバイブレーション機能を搭載したモデルです。

 

全てのアネロス製品同様、全てのカーブは解剖学に基づき設計されているため、十分に身体にフィットして信じられないような経験を得ることができます。

 

取り外しができるバイブレーターは表面処理が非常に美しいステンレススチール製で、とても美しく、ヴァイスはまさに芸術作品の域に達しています。

 

あなたに長時間の喜びを、きっと与えてくれることでしょう。

 

アネロスと振動のコラボレーションで未知の領域へ行ってみませんか?