ヒリックスシンでドライへ

2016-0526-体験談

 

 

ペンネーム = リリム

 

 

 

 

ユーホークラシックやSGXクラシックから始まったアネロス性活。やっと進化の時を迎えました。

 

 

10年近く前立腺や乳首の開発を続け、次第に感度は増していくもその先に焦りを覚えて失敗ばかり。

 

 

最後は、思いっきり締め付けての強制痙攣による射精誘発フィニッシュ。行き詰っていました。

 

 

そんな時、ヒリックスシンと出会いました。ユーホークラシックは持っていたので形状の違うヒリックスシンを選びました。

 

 

箱の外観は赤と黒の配色で高級感があり、期待感を増してくれました。

 

 

肝心の本体ですが、黒色のシリコンに覆われたヘッド部と赤色のアバットメントコンフォートタブが芸術的な質感を表現していました。

 

 

少しやわらかく、冷たさを感じない。見とれてしまいました。

 

 

ローションはIDローションですが、少し弾くような感じがあるのでしっかり塗るといいと思います。

 

 

ヘッドはユーホークラシックやSGXクラシックなどと比べると少し大きめですので入れ始めの開き具合により抵抗を感じますが、ヘッドが入れば後は吸い込まれていきます。

 

 

最初の3回くらいは、まだ慣れていないせいか、特に動きを感じることも無く性能を知ることは出来ませんでした。

 

 

とにかく焦らず、リラックスして締め付け過ぎないように注意しました。アバットメントが会陰部に少し触れている程度にしました。

 

 

基本的な呼吸法を意識して精進しました。それからまもなく、これまで無かった感覚を覚えました。

 

 

ヒリックスシン自体が激しく動き回っている感覚はなかったのですが、静かに撫でられているように じわーっとした感覚を与えてくれました。

 

 

それから波のように気持ち良さが繰り返し始め、その強さが増していきました。「ハァー」と力が抜けるような感じで、射精直前の気持ち良さの繰り返し。

 

 

そして、時折来るビクッとなる射精のような痙攣。時間の経つのも忘れて、その快感に溺れ続けました。

 

 

「これが、ドライなんだ・・・」

 

 

素材でこんなに変わるのか、自分との相性なのか。自分の体を進化させていくヒリックスシンが愛おしく、黒い淫魔のように思えます。

 

 

 


 

 

リリムさん、素晴らしい体験談ありがとうございます。

 

そして、ドライ達成おめでとうございます。

 

男性的な射精感をもたらし、ねじれるようなオーガスムを味わえるのがこのヒリックスシンです。

 

滑らかな医療用シリコン素材を使用しており、今まで味わった事のない新しい快感が味わえます。

 

アネロスには種類がたくさんあるので、自分と相性ばっちりなアネロスを探してみてくださいね。

 

リリムさん、これからもアネロスで楽しんでください。