マスオさんの決断

murakamicolumn-August

 

 

 

columnbanner_small

 

 

『マスオさんの決断』

 

 

僕の友達に木村クン(仮名40歳)という友人がいるのだが、彼は10年前婿入り結婚した。

長男なので、苗字を変えることに抵抗はあったが、

奥様の母親から「婿に入らないなら婚約はなかったことに」と強く迫られ、

悩んだ末に「マスオさん」になったわけだ。

 

後に義父も婿入りした人だとわかった。

義父は木村クンに対して「苦労かけるけど、俺が守ってゆくからね」と優しくしてくれたそうだ。

 

さて、結婚してみると、妻は非常に性格がきついことがわかり、彼は些細なことで罵倒された。

もちろん、義母も妻に輪をかけてヒステリックな性格だった。

失意のどん底で、同じ環境下の義父と息子はどんどん交流を深めていったそうだ。

 

そんなある日、義父が前立腺肥大症になった。

オシッコは近くなり、男性機能も落ちてきたそうだ。こんな悩みを義父は木村クンに酒の席で語った。

 

 

 

「義父の悩みを解消するには、アネロスしかないですかね?」

木村クンは真剣にこう聞いてきた。

 

中学のときに父を亡くしていた彼は、義父を本当に父のように思い始めたのだろう。

 

実は木村クンには、アネロスが男性機能と前立腺肥大の改善に効果があることを以前から話していたのだ。

 

 

「使ってみる価値は絶対にあるよ。いい結果が出ればいいね」

 

「じゃあ、勧めてみます」

 

木村クンは義父を一人にするために、妻と義母を買い物や一泊旅行に誘った。

思う存分、アネロスを試してもらうためだ。

 

すると、義父は4ヶ月目に頻尿が改善され、朝立ちまでするようになったとか。

改善はそれだけではなかった。

今まで不機嫌だった妻と義理母を頻繁に連れ出したので、「よくやってくれる婿さんだ」と認め、優しくなった。

今までの険悪な関係が、どんどん良好になったのである。

 

病状が改善した義父は

 

「アネロスっていうのはすごいな。前立腺の状態がよくなるうえに、何かいい気持ちになるんだよ。多幸感っていうか、不思議な感覚だ」

 

と言いながら笑ったという。

 

木村クンは義父のために羞恥心を捨ててアネロスを勧めたが、それが夫婦関係まで改善させるとは・・・。

思わぬ派生効果に、本人が一番驚いていた。